【店長ブログ】

プリンタートナーカートリッジの特許消尽 ・・


今年5月、米国連邦最高裁はプリンターの消耗品であるトナーカートリッジの特許について、米国の内外に関わらず、販売した時点で消尽するという初めての判断を示した。

これによりプリンターメーカーは、米国市場において所有する特許を盾に、トナーカートリッジのリサイクル業者に制約をかけることが難しくなり、メーカーの許可なくリサイクル・販売することが可能となる。

この判断は、プリンターメーカーであるレックスマーク社とトナーカートリッジ・リサイクル業者であるインプレッション・プロダクツ社の訴訟で行われた。

レックスマーク社は、自社が所有権を持ちユーザーが使用済みカートリッジを返却することを条件で値引き提供していた(リターンプログラム)ものを、インプレッション社がリサイクルして販売しているのが自社の特許を侵害していると主張していた。


日本においても、「環境推進トナー」「環境共生トナー」「回収協力トナー」と称して市場に流通しているものが、それに当たる。



たしかに当該品を説明する際、「同じメーカー純正、同じ印刷ページ数でありながら、必ず返却することを条件に 1~2万円ほど値引きできます。」といっても「そんなモノがあるの?」といったのがユーザーの反応だ。



そもそも 1990年代、レーザープリンターが世に出始めた頃は「使用済みカートリッジは産業廃棄物として処分してください。」というのがプリンターメーカー側の回答だったことを記憶している。

それが、リサイクルトナーカートリッジを市場でよく耳にするようになった 2000年前後ぐらいから、プリンターメーカーが使用済みカートリッジを躍起になって回収し始めた。

もちろん、リサイクル業者に流れないようにである。

今回の判断は、少なからずも日本のマーケットにも影響を与え、リユース再生業の範囲が拡大すると予測する向きもあるが、果たして … 。


 ※出典:OAライフ 第337号 (2017年6月20日)


2017/8/10



おかげさまで10周年 ・・

2007年4月10日に産声をあげた弊社「スプレッド株式会社」が、今月の10日で10周年を迎えることができました。


これもひとえに、ご利用いただいているお客様をはじめ、関係会社様ほか、携わる全ての皆様のおかげと心より感謝申し上げます。

最近の小学校で、成人への折り返しを祝う『2分の1成人式』なる行事があることをご存知の方も多いかと思います。これまで、育ててくれた先生や保護者、地域の方々などへの感謝の意を表したり、未来の夢や希望を発表したりする場となっています。


今日、弊社が10歳を迎えられたのも、まさに関係各位のお力添えがあってのことと存じます。

これから、もっと必要とされる企業に成長するために、指針を明確にし、社会や地域などへも活動の場を拡げ、時代の変化に順応した商品・サービスを提供して参る所存ですので、相変わりませずご愛顧賜りますよう、お願い申し上げます。

2017/04/20 

「うめナビ」 に掲載されました ・・

城南信用金庫さまの月刊誌 「うめナビ (2017年4月号 / Vol.61)」  に掲載されました。


城南信金さまは、東京・品川の五反田に本店を置き、東京都内の城南エリアを中心に、川崎、横浜など神奈川県内含めて 85店舗。預金量、貸出金量ともに
トップクラスを誇る、信金業界の雄である。

掲載にあたり、当社の担当者さま、編集担当の方にはたいへんお世話になり、感謝を申し上げる次第です。

ちなみに本誌は、城南信金・各支店さまと、取引先の官公庁、マスコミ、スーパー、大学・専門学校、ホテル、建設・不動産会社などに置いていただいているようです。

2017/04/03 

求められている “コト” とは ・・

この冬に訪れた、新潟のスキー場での出来事 。。

お昼になり、定番 !? のカレーライスと温かいスープでも食べようかとゲレンデにあるレストランに入った。

カレーライスは何種類かあったものの、スープはコーンスープしかなく、何かさっぱりしたスープを食べたかった私は、ラーメンも ・・ と考えたが、量的に完食できないと感じ、思い切って麺のない中華スープを頼んでみようと注文カウンターへ ・・ 。

コーンスープの食券を出し、満面の笑みで

「このチケットで中華スープにしてもらえませんか ?! 」

と抜け抜けとオーダー(交渉)した。

担当者はとまどい、隣にいた上司に目で確認 (ジロリ) 。。

答えを出せなかったその上司は、奥にいた上長に相談 ・・ 。

協議の結果 ・・

「じゃあ、今回は特別に ・・ 。 他の人には言わないでね!」 と 見事 交渉成立。

すばらしい!

顧客ニーズに沿った お客さま第一主義的な対応。

また、宿泊していたホテルでの朝食バイキングで、食後のコーヒーをどうしても部屋に戻って飲みたかった私は、コーヒーを手に持ったまま、図々しくそのホールを出て自分の部屋へ ・・ 。

いっしょにいた連れの大方の予想は 「出入り口にいるスタッフに止められるはず ・・ 」 だった。

しかしながら、立っているスタッフの横を難なくスルー。

それどころか 「お部屋までお持ちしましょうか」 との回答。

すばらしい!

顧客ニーズを超越した返答と手厚いサービス

これまで、出張で訪れたホテルの朝食バイキングで、何度となく部屋へコーヒーを持ち帰ろうとして出口で止められ、その都度交渉を重ねてきた私にとっては想定外の対応であった。

最近でこそ、テイクアウト可能な紙コップが置いてあり 「お部屋でどうぞ」 と貼り紙があるのは、そうした私の交渉の積み重ねが一助となっていることは間違いない、、かも (^-^;) 

マニュアル化されすぎている昨今のカスタマー対応において、こうした柔軟なサービスは、現場と管理が一体となってユーザーに向き合っている賜物であろう。

このような顧客の要望を瞬時にキャッチし、順応し、さらにサービスを加えて商売につなげる対応力こそ、今の企業に求められている “コト” なのではないだろうか・・。

こんど、あのレストランに行ったときには 「中華スープ 300円」 という新たなメニューが加わっていることを、私は切に願っている。

2017/03/13

2017年 スタート !

謹んで新年のご挨拶を申し上げます。

旧年中は たいへんお世話になり 誠にありがとうございました。

昨年、当社が運営する 「トナー246.com」 において、顧客数が 3万7千名を超え、より多くの皆さまからご利用いただけるようになり、全国各地から 『喜びの声』 もたくさん頂戴いたしました。

このように大きく成長できましたのも、お取引をいただいております お客さまをはじめ、関係者さまのご支援の賜物と存じ、厚くお礼申し上げます。

今年は、主要商品のトナーやインクといった消耗品に加え、プリンタや複合機、周辺機器の取り扱い、ならびに付帯するサービスを拡充し、お客さまにおけるトータル・サポートを充実させていければと考えております。

また、WEBでの操作面を随時進化させ、ショッピングしやすいサイトの構築に心がけてまいります。

本年もどうぞ、ご愛顧を賜りますよう、お願い申し上げます。

  2017年 元旦

スプレッド株式会社

代表取締役 田利 純

リオ オリンピック ・・

 8月5日から始まった 「2016 リオ オリンピック」。205の国や地域が参加し、26競技 306種目が、10,500人の選手によって繰り広げられ、17日間に及ぶ全日程を終了した。

当初は、治安問題や伝染病感染問題、競技施設の建設工事の遅れ、またブラジル大統領が停職中と、一時はどうなることかと心配されたものの、大きなトラブルもなく、無事に閉会式までたどり着くことができた。

今大会で日本は、前回 2012年 の ロンドン オリンピック での 38個を上回る、合計 41 個のメダルを獲得した。

水泳、体操、柔道、レスリング ・・ など、他国を凌駕するプレイはもとより、選手らのインタビューの対応が素晴らしかった。技術の向上や体力的な強化・トレーニングだけではなく、マイクを向けられた時の堂々としたコメントは、世界を目指すアスリートにとって、すでに幼少期から備わっているものなのだろうか。

競技数や種目が増えたことを踏まえても、史上最高のメダルを獲得した日本チーム。これまでの大会ではどうだったのか、下記のとおり調べてみた。


-------------------------------------------------

 【 大会別 日本のメダル獲得数 】

  〔回数 / 開催年 / 場所 (国名) / メダル獲得数 / 順位〕

 第31回  2016年  リオデジャネイロ (ブラジル) 

   金:12  銀:8  銅:21  ⇒  計:41   6位

 第30回  2012年  ロンドン (イギリス) 

   金:7  銀:14  銅:17  ⇒  計:38   11位

 第29回  2008年  北京 (中国) 

   金:9  銀:6  銅:10  ⇒  計:25    8位

 第28回  2004年  アテネ (ギリシャ) 

   金:16  銀:9  銅:12  ⇒  計:37   5位

 第27回  2000年  シドニー (オーストラリア) 

   金:5  銀:8  銅:5  ⇒  計:18   15位

 第26回  1996年  アトランタ (アメリカ) 

   金:3  銀:6  銅:5  ⇒  計:14   23位

 第25回  1992年  バルセロナ (スペイン) 

   金:3  銀:8  銅:11  ⇒  計:22   17位

 第24回  1988年  ソウル (韓国) 

   金:4  銀:3  銅:7  ⇒  計:14   14位

 第23回  1984年  ロサンゼルス (アメリカ) 

   金:10  銀:8  銅:14  ⇒  計:32   7位

 第22回  1980年  モスクワ (ソビエト連邦) 

   不参加

 第21回  1976年  モントリオール (カナダ) 

   金:9  銀:6  銅:10  ⇒  計:25   5位

 第20回  1972年  ミュンヘン (西ドイツ) 

   金:13  銀:8  銅:8  ⇒  計:29   5位

 第19回  1968年  メキシコシティ (メキシコ) 

   金:11  銀:7  銅:7  ⇒  計:25   3位

 第18回  1964年  東京 (日本) 

   金:16  銀:5  銅:8  ⇒  計:29   3位

 第17回  1960年  ローマ (イタリア) 

   金:4  銀:7  銅:7  ⇒  計:18   8位

 第16回  1956年  メルボルン (オーストラリア)

   金:4  銀:10  銅:5  ⇒  計:19   10位

 第15回  1952年  ヘルシンキ (フィンランド) 

   金:1  銀:6  銅:2  ⇒  計:9   17位

 第14回  1948年  ロンドン (イギリス) 

   不参加

 第13回  1944年  ロンドン (イギリス) 

   中止

 第12回  1940年  ヘルシンキ (フィンランド) 

   中止

 第11回  1936年  ベルリン (ドイツ) 

   金:6  銀:4  銅:8  ⇒  計:18   8位

 第10回  1932年  ロサンゼルス (アメリカ) 

   金:7  銀:7  銅:4  ⇒  計:18   5位

 第9回  1928年  アムステルダム (オランダ) 

   金:2  銀:2  銅:1  ⇒  計:5   15位

 第8回  1924年  パリ (フランス) 

   金:0  銀:0  銅:1  ⇒  計:1   23位

 第7回  1920年  アントワープ (ベルギー) 

   金:0  銀:2  銅:0  ⇒  計:2   17位

 第6回  1916年  ベルリン (ドイツ) 

   中止

 第5回  1912年  ストックホルム (ノルウェー) 

   金:0  銀:0  銅:0  ⇒  計:0

 第4回  1908年  ロンドン (イギリス) 

   不参加

 第3回  1904年  セントルイス (アメリカ) 

   不参加

 第2回  1900年  パリ (フランス) 

   不参加

 第1回  1896年  アテネ (ギリシャ) 

   不参加

-------------------------------------------------

これまで 31回の五輪大会が開催され、日本が参加しなかった大会や、大会自体が中止になったりといった歴史的背景についても興味深いところだが、次の機会に委ねるとしよう。

そして、いよいよ次の大会の 2020年、56年ぶりの自国開催となる 第32回 東京オリンピック大会 に向けて、さらに大きな期待を抱かざるを得ず、今大会の41個を上回るメダル獲得が大いに期待されるところである。

ガンバレ 日本 !!

2016/08/29

経営指針 ・・

4月7日に始まった、第48回経営指針作成部会(神奈川県中小企業家同友会)が、6月23日の発表会、6月30日の反省会をもって、一区切りついた。

休日を返上し、家庭をも顧みず、ひたすら経営について、その意義、方向性、お客さまのため ・・ 、社員のため ・・ 、商品・サービスについて ・・ 、考えに考え抜いた日々であった。

建築、福祉、ライター、弁護士、金属加工、ネットショップ、ペット系、カメラマン、酒店、歯科医と業種は様々だが、「よい会社をつくろう」 「よい経営者になろう」 「よい経営環境をつくろう」 という目的は皆同じ。

その受講生の年齢は 30~50代。独身からお孫さんのいる おじいちゃんまで、いろいろな過程を経て現在に至り、今後の経営のあり方について、それぞれが3ヵ月間、毎週話し合い、学び合った。

50~60名のベテラン経営者が毎回集い、グループに分かれ、受講者10名を取り囲んでの質問やアドバイスは、少々圧迫感はあったものの的確で、今にして思えば非常にありがたいものであった。

あるCMの 「お風呂ってのは最初はちょっと熱いぐらいの方が慣れてくると気持ちいい。人間は最初からぬるま湯だと幸せを感じられない不思議な生きものなんだ。」 というフレーズを思い出した。

まさに経営指針作成部会とは、ぬるま湯に浸かりきっていた経営者が、もう一度熱湯から ・・ 、と考える場なのかもしれない。

しかしながら、この年齢(トシ)になって芽生えた同期の仲間意識は、一つ二つ越えてきた峠のさらに先にある 「何か」 を掴もうとする互いの共通認識があってこそ、生まれたものなのだろう。

9月からは、第2クールが始まり、49部会(第49回経営指針作成部会)をバックアップしながらの客観的な学びになるのだが、また同期で集まり、未来を見つめ、語り合えることは今から楽しみである。

それにしても、発表会を終えた10人の顔(画像下)は、何か呪縛からでも解き放たれたかのような清々しい表情だった。

2016/07/04

4年連続 ネットショップ大賞受賞 ・・

3月6日に開催された、Eストアー 「ネットショップ大賞 2015 GRANDPRIX」 において、

トナー246.com は 「神奈川県の銘店 金賞」 を受賞しました。

会場となった 東京ベイ舞浜ホテルクラブリゾートには、全国から店舗・スタッフの方がた数百名が集まり、司会はTV等でも活躍される田口真弓サンが、プレゼンターはモデルの安枝瞳サンがそれぞれ務め、イベントに華を添えました。

食品、ファッション、美容・健康、インテリア、家電、アクセサリー・パーツ、ホビーなど、取り扱っている商材は違えども、現状の問題点や打開策、今後の展望について語っている その様は、みな同じ眼差しをしていました。

            

今回は、総店舗数19,549店の中から、都道府県別、カテゴリー別、金・銀・銅賞など74店が受賞となりました。

4年連続で当店が受賞できたのも、日頃より当店をご利用いただき応援してくださる お客様、取引先様、関係各位のお力添えがあってのことと、心より感謝いたしております。

この受賞に甘んじることなく、常にお客様目線でのサービス向上に努めてまいりますので、引き続きご愛顧賜りますよう、お願いいたします。

2016/03/07

       

地方創生のカギとは ・・

総務省が26日に発表した国勢調査の速報によると、去年10月1日現在の日本の人口は1億2711万47人で、前回(5年前)の調査と比べて94万7305人、率にして0.7%減となり、5年ごとに行われる国勢調査では、1920年(大正9)の調査開始以来 初めて人口が減り、「日本は人口減少の局面に入った」 とした。

都道府県別にみると、減少したのは39道府県で、増減率でみた場合、秋田県(▲1.18パーセント)、青森県(▲1.04パーセント)、山形県(▲0.90パーセント)と続く。増加したのは、東京都(0.53パーセント)、埼玉県(0.14パーセント)、神奈川県(0.13パーセント)など首都圏にみられ、千葉県を含めた4都県で全国の4分の1以上(3600万人余り)を占める結果となり、東京圏への一極集中がますます強まった形となった。

人口減少が進む地域を活性化するには 「介護、健康、環境、補修、安全・安心、食料、エネルギー、観光産業」 がカギになると、ある討論会で耳にしたことがある。

そういえば、先日故郷から送られてきた農産物といっしょに紛れ込んでいた 『さきがけ新聞(秋田魁新報社):2015年12月1日付』 を広げてみると、「仙北市への観光客が倍増!」 と喜ばしい見出しが躍っていた。

仙北市は、日本で最も深く 冬でも凍ることのない神秘的な湖 「田沢湖」 があり、周辺にはスキー場や温泉地など、多数の観光施設が軒を並べているエリアで、数年前には韓流ドラマの舞台になり、日韓で話題となった。

その秋田県仙北市で、2015年1~9月に宿泊した外国人観光客の数が約1万4千人となり、前年同期の約2倍に達したという。円安や観光ビザの発給要件の緩和、市による海外からの観光誘客に向けた取り組みが後押しし、このような数値に表れたようだ。

観光立国を提唱し、訪日客 年間3000万人超を目指す 安倍政権。日本の諸地域において、こうした熱心な働きかけが、今後の地方創生に欠かせないものとなってくるのかもしれない。

2016/02/29

新年のご挨拶

2016年の年頭に当たり、謹んで新年のご挨拶を申し上げます。

トナー246.comは、おかげさまで顧客数も 3万1千を突破し、売上も過去最高益を達成、大きく成長することができました。これも、日頃よりお取引をいただいておりますお客さま、並びに関係者さまのご支援の賜物と思っております。あらためてこの場をお借りして厚くお礼申し上げます。

振り返りますと、昨年3月に 3年連続でネットショップ大賞(Eストアー社)を受賞することができ、5月には大手検索サイト Google社の優良ショップに認定されました。

また、「郵便振替」「楽天ID決済」など新たな決済サービスが加わり、ショッピングサイトの操作面においても PCはもとより、スマートフォンでも円滑にご利用いただける様々な施策を講じてまいりました。こうした機能追加や改修は、随時ブラッシュアップしてまいりますのでご期待ください。

本年も私どもは、お客さま目線でのサービス向上を推進するとともに、安心してご利用いただける環境づくりをおこなってまいりますので、皆さまの変わらぬご愛顧を賜りますよう、お願い申し上げます。

2016年 元旦

スプレッド株式会社

代表取締役 田利 純

連絡先

スプレッド株式会社

045-620-2628

   【会社案内

 - - - - - - - - - - - - - -

電話受付:10~18
定休日:土日祝

平日15時まで当日発送
15時以降は翌営業日発送

電話でのご注文OK !!

【店長ブログ】

ご来店ありがとうございます。
トナー 246(ニィヨンロク)ドットコムです。
業歴20年超のキャリアを活かし、純正・汎用・リサイクルなど、お客さまに安心してお使いいただけるお値打ち商品を提案しています。どうぞお試しください。


店長日記はこちら >>


トナー246.comスタッフが新商品情報、お得な情報をアップしていきます。

CALENDAR
  • 今日
  • 日祝日/休業日
  • 土曜日


【定休日】 土日祝
商品発送:平日のみ
◆納品予定日はコチラ

ページトップへ