【店長ブログ】

日本人初のメジャーリーガー

日本時間の19日、北海道・日本ハムファイターズのダルビッシュ有投手が米大リーグのテキサス・レンジャースと6年契約で合意したとの発表があった。その契約金額は、2006年のオフにボストン・レッドソックスと同じく6年契約した、松坂大輔投手の総額5200万ドルを上回る、なんと6000万ドル(約46億円)と報じられている。

今オフ、シアトル・マリナーズには岩隈久志投手・川崎宗則選手が、ボルチモア・オリオールズには和田毅投手が、青木宣親選手はミルウォーキー・ブルワーズへと、日本を代表するプレーヤーが、次々とMLB入りを表明した。

その先駆者といえば、1995年からロサンゼルス・ドジャースなどで活躍した、野茂英雄投手を思い浮かべる人が多く、彼こそがメジャー第1号 !? と思われがちだが、実は、その30年以上前の1964年、南海ホークス(現:福岡ソフトバンクホークス)から野球留学し、米サンフランシスコ・ジャイアンツ(SF)で活躍した“マッシー村上”こと村上雅則投手が日本人初であることは、あまり知られていない。

1944年、山梨県に生まれた村上さんは、1960年・夏、1961年・春と甲子園夏春連覇を成し遂げた時の名門・法政二高で当時から投手としてプレーをし、1962年9月に南海と契約。プロ2年目の1964年にSF傘下の1Aフレズノに野球留学で派遣されると、同年の8月31日、突然のメジャー昇格を言い渡され、空路ニューヨークへ・・・。

そして、翌日の対ニューヨーク・メッツ戦に、日本人として初めて、、、メジャーでの登板を果たしたのだ。

その1ヶ月後の9月29日、対コルト45's戦では、9~11回まで無失点に抑え、11回裏にチームがサヨナラ勝ちしたことで勝利投手となった。。。 もちろん日本人メジャー初の勝利投手でもある。

翌年(1965)までSFに在籍した彼は、2年間で54試合に登板、5勝1敗9セーブという成績を残している。

その村上さんと初めてお会いしたのは、2006年2月頃のことだった。その時の印象は ・・・ 「あれだけの偉業を成し遂げながら、なんて紳士かつ謙虚な人なんだろう・・ 」 といったものだった。

また、私が起業した際には、ケータイにまで直接お電話をいただき、激励され感動したことを覚えている。

現在、村上さんは、それまでのMLB等での経験を生かし、メジャーリーグの試合の解説者としてNHKで活躍されているようだ。(今年いただいた年賀状にはそのように書かれていた)

これから、当たり前のようにメジャーへ挑戦する日本人が増える中、村上さんにおいても超多忙な日々が続くことだろう。

 【略歴】 

 1944年、山梨県生まれ。左投左打。

 法政二高-南海(62-63)-SF(64-65)-南海(66-74)-阪神(75)-日本ハム(76-82)で投手として活躍。

 日本ハム(87-88)-ダイエー〔南海の後身〕(89)、西武(93-94)でピッチングコーチを歴任。

 通算成績は大リーグ(実働2年)で5勝1敗9S、 防御率3.43。
 日本(実働18年)で103勝82敗30S、防御率3.64、758奪三振。

 

2012/01/25

連絡先

スプレッド株式会社

045-620-2628

   【会社案内

 - - - - - - - - - - - - - -

電話受付:10~18
定休日:土日祝

平日15時まで当日発送
15時以降は翌営業日発送

電話でのご注文OK !!

【店長ブログ】

ご来店ありがとうございます。
トナー 246(ニィヨンロク)ドットコムです。
業歴20年超のキャリアを活かし、純正・汎用・リサイクルなど、お客さまに安心してお使いいただけるお値打ち商品を提案しています。どうぞお試しください。


店長日記はこちら >>


トナー246.comスタッフが新商品情報、お得な情報をアップしていきます。

CALENDAR
  • 今日
  • 日祝日/休業日
  • 土曜日


【定休日】 土日祝
商品発送:平日のみ
◆納品予定日はコチラ

ページトップへ