【店長ブログ】

HOPPY HAPPY !



   


連日 暑い日が続き、仕事帰りには “冷たーいビール🍺“ が欲しくなる 今日この頃 !!

そんなビールと同じ原料(麦芽とホップ)で女性や若者らに人気があるのが「ホッピー」である。

「ホッピー」といえば、昭和のオジサンの飲み物という印象が強いのだが、ビールに含まれているプリン体がなく、ビタミン類・必須アミノ酸などが含まれていることから、ヘルシー志向の外国人にも好まれているのだとか・・。

もう2~3ヵ月ほど前になるが、ホッピービバレッジの3代目・石渡美奈社長にお会いする機会があり、これまでの軌跡についてお話しを伺うことができた。

ホッピーは、戦後まもない 1948年に発売。当時高嶺の花だったビールの代用品として、東京の下町などでビールテイストの焼酎割飲料として大ヒットした。

しかし、1980年に博水社が発売した柑橘系炭酸飲料「ハイサワー」が爆発的に売れたことがきっかけとなり、焼酎の割りモノが柑橘系に移行、ホッピーは長い低迷期を迎えることとなった。

またその頃、ホッピー社内においてお家騒動が勃発、石渡派と親戚派とに分裂した。そうした事態が落ち着くには長い歳月を要し、経営権については 2002年頃まで、所有権については実に一昨年まで縺れたという。

無論 業績は低迷し、81年に18億円だった売上高は、2001年には8億円にまでダウン、会社存続の危機に瀕していた。

この危機を救うことになったのが、美奈サンだった。

広告代理店に勤務していた経験を活かし、ホッピーやイラストを描いたカラフルな色調のトラックを新宿・渋谷といった盛り場をグルグル走らせ、人目を引いたド派手な看板は効果絶大であった。

また、テレビやラジオにも積極的に出演し、インターネットでの情報発信にも力を入れた。

映画「ALWAYS 三丁目の夕日」に代表される昭和ブームの後押しもあって、ホッピーの知名度は急上昇。売り上げは、01年を底にV字回復し、17年度は約40億円と5倍近くになった。

ニッチな商品に着目し、大手ビールメーカーからの圧力などもあったであろうが、独自路線で販路を、そしてユーザを拡げていった「ホッピー」は、今 海外での拡販に注力しているという。

低カロリーで低糖質、しかもプリン体ゼロという高価なヘルシー飲料として・・

10年に社長に就任し、今年で10年目を迎える美奈サン。今後の活躍にも大注目である。




2019/08/08

連絡先


スプレッド株式会社
045-620-2628
   【会社案内
 - - - - - - - - - - - - - -
電話受付:10~18
定休日:土日祝

平日15時まで当日発送
15時以降は翌営業日発送

電話でのご注文もOK!!

 - - - - - - - - - - - - - -

 - - - - - - - - - - - - - -


【店長ブログ】

店長紹介

ご来店ありがとうございます。
トナー 246(ニィヨンロク)ドットコムです。
業歴25年のキャリアを活かし、純正・汎用・リサイクルなど、お客さまに安心してお使いいただけるお値打ち商品を提案しています。どうぞお試しください。


店長日記はこちら >>

CALENDAR
  • 今日
  • 日祝日と休業日
  • 土曜日(休業)


【休業日】 土日祝,年末年始,夏季
◆商品発送:平日のみ
◆納品予定日は“コチラ”

ページトップへ