カートをみる 会員ログイン(新規登録) ご利用案内 お問い合わせ 〔メール〕 お客様の声 サイトマップ
幅広い商品アイテム、豊富な在庫で 最短発送 ! 後払い決済可。 公費払いにも対応。。
おかげさまで顧客数 37,000 突破 !! 
(官公庁、医療・教育、金融・保険、士業、運輸・物流 … )
全国にて保守サービス対応可 !! 純正は もちろん、汎用、リサイクル ・・ 。

ご当地ナンバー ・・

連日猛暑が続いている日本列島ですが、熱中症対策は万全でしょうか。。

さて、夏の高校野球 49 の代表が出揃った31日で 7月も終わり、明日から 8月。6日から熱戦が繰り広げられる各都道府県の代表校も気になるところですが、最近 私が気になったのは、全国の自動車のナンバープレート。。

「世田谷」 「杉並」 「那須」 … 。 車を運転していると、これまで見たことのない地名に遭遇する。

「富士山」 は、なんとなくテレビで、山梨か、静岡かで話題になっていたので憶えているが、

「諏訪」 「高崎」 「飛騨」 … へぇぇ〜っ。。 

知らない間に いろんなご当地ナンバーがあったことに驚かされる。

… ということで、以下に全国のナンバーをあげてみた。

【都道府県名】 自動車登録台数(2014年10月末現在) / 地名表示

【北海道】  1,685,286 / 札幌、 320,844 / 函館、 500,621 / 旭川、 378,671 / 室蘭、

         274,213 / 釧路、 318,133 / 帯広、 258,366 / 北見

【青森県】  1,009,098  青森、八戸

【岩手県】  1,026,903  岩手、盛岡、平泉

【宮城県】  1,679,478  宮城、仙台

【秋田県】   825,408  秋田

【山形県】   937,533  山形、庄内

【福島県】  1,641,926  福島、会津、郡山、いわき

【茨城県】  2,565,015  水戸、土浦、つくば

【栃木県】  1,705,843  宇都宮、那須、とちぎ

【群馬県】  1,782,430  群馬、前橋、高崎

【埼玉県】  4,037,931  大宮、川口、所沢、川越、熊谷、春日部、越谷

【千葉県】  3,577,413  千葉、成田、習志野、袖ヶ浦、野田、柏

【東京都】  4,421,008  品川、世田谷、練馬、杉並、足立、八王子、多摩

【神奈川県】  3,995,717  横浜、川崎、湘南、相模

【山梨県】   751,132  山梨、富士山

【新潟県】  1,847,752  新潟、長岡

【長野県】  1,897,340  長野、松本、諏訪

【富山県】   899,991  富山

【石川県】   895,611  石川、金沢

【福井県】   659,704  福井

【岐阜県】  1,678,621  岐阜、飛騨

【静岡県】  2,866,111  静岡、浜松、沼津、伊豆、富士山

【愛知県】  5,128,912  名古屋、豊橋、三河、岡崎、豊田、尾張小牧、一宮、春日井

【三重県】  1,504,052  三重、鈴鹿

【滋賀県】  1,017,926  滋賀

【京都府】  1,340,567  京都

【大阪府】  3,737,274  大阪、なにわ、和泉、堺

【奈良県】   833,832  奈良

【和歌山県】  755,480  和歌山

【兵庫県】  3,014,122  神戸、姫路

【鳥取県】   464,958  鳥取

【島根県】   553,259  島根

【岡山県】  1,523,302  岡山、倉敷

【広島県】  1,882,319  広島、福山

【山口県】  1,075,404  山口、下関

【徳島県】   622,149  徳島

【香川県】   780,843  香川

【愛媛県】  1,017,133  愛媛

【高知県】   563,696  高知

【福岡県】  3,322,123  福岡、北九州、久留米、筑豊

【佐賀県】   673,586  佐賀

【長崎県】   948,765  長崎、佐世保

【熊本県】  1,363,274  熊本

【大分県】   919,051  大分

【宮崎県】   942,262  宮崎

【鹿児島県】  1,350,551  鹿児島、奄美

【沖縄県】  1,075,603  沖縄

上記のとおり、現在全国で 117種類の地名(自動車のみ)があるが、神奈川県や大阪府、兵庫県、広島県、福岡県といった都市部において、登録台数の割には種類が少ない気がする。

今後、それぞれの地域における自動車登録台数にもよると思うが、あったらいいかも、できるかもしれない、ご当地ナンバーを勝手に予測してみた。

「富良野」 「白神」 「渋谷」 「港北」 「箱根」 「軽井沢」 「琵琶湖」 「明日香」 「紀伊」

「伊勢」 「出雲」 「鳥栖」 「湯布院」 「阿蘇」 「石垣」 「宮古」 …

おそらく、シティ派、リゾート派に大別され、地域に関連した世界遺産への登録状況等によっても変わってくるのだろうが、あまり多くなりすぎても、また無駄に税金が使われてしまう。

いずれにしても、ご当地ナンバーの発行によって、地域の活性化やブランド化にと期待する向きもあるが、果たしてそうしたことだけで、地方の過疎などを食い止めることができるのだろうか … 。

※出典 「ウィキペディア 日本のナンバープレート一覧」

2015/07/31